fjコンサルティングとSST、「PCI DSS v4.0対応アプリケーション開発者向け年次オンライントレーニングコース」提供 | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

fjコンサルティングとSST、「PCI DSS v4.0対応アプリケーション開発者向け年次オンライントレーニングコース」提供

 fjコンサルティング株式会社と株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は8月1日、PCI DSS準拠維持のための「PCI DSS v4.0対応アプリケーション開発者向け年次オンライントレーニングコース」を同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 fjコンサルティング株式会社と株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は8月1日、PCI DSS準拠維持のための「PCI DSS v4.0対応アプリケーション開発者向け年次オンライントレーニングコース」を同日から提供開始すると発表した。

 同コースでは、2022年3月に改訂されたPCI DSS v4.0 要件6.2.2で年次での実施が定められた特注及びカスタムアプリケーションの開発者向けのトレーニングを、オンラインによるライブ講義形式で企業・団体ごとに個別提供する。

 同コースは、顧客企業・団体のアプリケーション開発者向けに、PCI DSS v4.0 要件2.2で求められる内容を全て含むトレーニングを実施、PCI DSS v3.2.1 要件5で求められるトレーニングの内容も含むため、v3.2.1で準拠している企業も利用できる。自社受講者のみが参加しているため、他社に気兼ねなく自社システムに特化した質問もできる。

 同コースの講師は、SSTの取締役CTOである長谷川陽介氏が務め、fjコンサルティングの代表取締役CEOである瀬田陽介氏が教材監修を行う。

 サービス料金は、受講者5から20名程度で50万円から。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×