「ネットオフ」サーバに不正アクセス、最大1万589件の個人情報が流出(ネットオフ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

「ネットオフ」サーバに不正アクセス、最大1万589件の個人情報が流出(ネットオフ)

ネットオフは、同社の一部サーバに対し不正アクセスの可能性があり、携帯電話サイトを利用した顧客の個人情報が流出した可能性があると発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
ネットオフ株式会社は10月19日、同社の一部サーバに対して不正アクセスの可能性があることが判明し、携帯電話サイトを利用した顧客の個人情報が流出した可能性があると発表した。現在、専門調査機関による状況確認を行っているという。

情報流出の可能性がある個人情報は、2011年4月1日から2012年9月4日までの期間、同サイトで販売している商品を購入するにあたり、携帯電話サイト(スマートフォンからの利用を除く)にてクレジットカード決済を利用したユーザの情報。不正アクセスされた個人情報を保持するサーバには当時、最大で1万589件の個人情報が蓄積されており、この情報が流出した可能性があるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×