集中型Javaコード診断ツールのAndroid向け機能を強化(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

集中型Javaコード診断ツールのAndroid向け機能を強化(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector」のAndroid向け機能を強化し、「anyWarp CodeDirector Android オプション」として10月16日から販売を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立ソリューションズは10月15日、集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector」のAndroid向け機能を強化し、「anyWarp CodeDirector Android オプション」として10月16日から販売を開始すると発表した。「anyWarp CodeDirector」は、Java開発のコーディングルール違反をプロジェクトで定めた標準化ルールに従って組織的にチェックし、ソフトウェアの品質管理を行う製品。anyWarp CodeDirector Android オプションの価格は210,000円。

Androidオプションでは、Java統合開発環境Eclipse上でコード診断を実行することで、開発者自身が担当しているソースコードを随時チェックすることができる。また診断するだけでなく、Androidアプリケーション開発のためのコーディングスタイルを学習することも可能だ。さらに、構成管理ツール(CVS、Visual SourceSafe、Subversionなど)と連携し、自動的にシステム全体のコード診断を実行する。規約違反の状況、推移、集中箇所などの実行結果は、開発者、リーダー、プロジェクトマネージャ、品質管理部門などと共有、比較が可能。プロジェクトマネージャは開発者に負担をかけずに、品質改善状況と推移を管理できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×