研究者がNFCを利用した地下鉄不払いスキームを明らかに〜Androidフォンを使用して乗り逃げ(The Register) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

研究者がNFCを利用した地下鉄不払いスキームを明らかに〜Androidフォンを使用して乗り逃げ(The Register)

研究者たちによれば、同脆弱性はチケットがカード上の残りの乗車回数を保存するが、購入した乗車回数が消費されても、カードを無効にする手続きを全く行わないという事実から来ている。

国際 TheRegister
世界の輸送システムが、運賃を処理する容易な方法として、カードベースの「コンタクトレス」チケットシステムに目を向け始めている。しかしセキュリティ研究者たちによれば、一部のチケットスキームには欠陥があり、抜け目の無い顧客はAndroidアプリとNFC対応携帯を使用するだけで、永続的な乗車券を手に入れることが可能になる。

先週木曜(編集部註:2012年9月20日)、アムステルダムで開催されたEUSecWestカンファレンスで講演を行ったIntrepidus GroupのCorey BenningerとMax Sobellは、MIFARE Ultralightチップに基づいた特定のチケットのセキュリティが弱いことで、ハッカーがどのようにカードのデータを書き換え、何度でもリチャージできるかを明らかにした…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×