バラクーダネットワークスの次世代ファイアウォールを販売開始(富士通SSL) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

バラクーダネットワークスの次世代ファイアウォールを販売開始(富士通SSL)

富士通SSLは、アプリケーションの可視化とアクセス制御を実現する、バラクーダネットワークスジャパン製の次世代ファイアウォール「Barracuda NextG Firewall」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は9月18日、アプリケーションの可視化とアクセス制御を実現する、バラクーダネットワークスジャパン株式会社製の次世代ファイアウォール「Barracuda NextG Firewall」の販売を同日より開始したと発表した。ハードウェアアプライアンスと仮想アプライアンスで提供する。ハードウェアアプライアンスの販売価格は199,500円から。

同製品は、L7アプリケーションコントロール機能を搭載し、Skypeをはじめとしたアプリケーションを識別、アプリケーション利用状況の可視化とアクセス制御を実現するもの。アクセス制御はユーザごとに設定でき、たとえば通信ログからSkypeの利用状況を確認し、特定の部門のみ利用を許可することが可能となる。トラブル時の復旧も容易で、管理用アプライアンスの利用によりファイアウォールの集中管理が可能なオプションも用意する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×