バラクーダネットワークスの次世代ファイアウォールを販売開始(富士通SSL) | ScanNetSecurity
2021.06.16(水)

バラクーダネットワークスの次世代ファイアウォールを販売開始(富士通SSL)

富士通SSLは、アプリケーションの可視化とアクセス制御を実現する、バラクーダネットワークスジャパン製の次世代ファイアウォール「Barracuda NextG Firewall」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は9月18日、アプリケーションの可視化とアクセス制御を実現する、バラクーダネットワークスジャパン株式会社製の次世代ファイアウォール「Barracuda NextG Firewall」の販売を同日より開始したと発表した。ハードウェアアプライアンスと仮想アプライアンスで提供する。ハードウェアアプライアンスの販売価格は199,500円から。

同製品は、L7アプリケーションコントロール機能を搭載し、Skypeをはじめとしたアプリケーションを識別、アプリケーション利用状況の可視化とアクセス制御を実現するもの。アクセス制御はユーザごとに設定でき、たとえば通信ログからSkypeの利用状況を確認し、特定の部門のみ利用を許可することが可能となる。トラブル時の復旧も容易で、管理用アプライアンスの利用によりファイアウォールの集中管理が可能なオプションも用意する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×