PCをボットに「貸し出す」ことで金銭を得るケース--中国の地下経済(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

PCをボットに「貸し出す」ことで金銭を得るケース--中国の地下経済(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は8月29日、中国のアンダーグラウンドについて解説するシリーズの第4弾として「インターネット上における資源およびインターネットサービスの悪用」をブログで発表した。中国における第3の「バリューチェーン」として「インターネット上における資源(機器および端末など)、またインターネットサービスの悪用」を挙げている。

中国のアンダーグラウンドは、他の「アンダーグラウンドエコノミー(地下経済)」と類似している一方で、ソフトウェアを「貸し出す」という概念があるなど独自の特徴を備えている点もある。この「貸し出し」ソフトウェアにより、実際にはユーザが金銭と引き換えを約束することで彼らのコンピュータをボットネットへ自発的に貸し出せることができる。同様に、金銭を得るための手法も他国とは異なっている。例えば、中国では偽の資格が当たり前のように販売されている。なお、この業務に携わったとして逮捕されたギャングは165人にのぼるという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×