スマートフォンのプラットフォームはアンドロイドOSが過半数を占める(コムスコア・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

スマートフォンのプラットフォームはアンドロイドOSが過半数を占める(コムスコア・ジャパン)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 コムスコア・ジャパン(本社:東京都)は21日、携帯電話の包括調査データベースの 「モビレンズ( comScore MobiLens)」を通じて分析した、日本における携帯電話利用者の最新状況に関する、2012年6月までの3ヵ月平均のレポートをリリースした。

 この調査は携帯電話契約者5000人以上を対象にした毎月頻度の調査。それによると、携帯電話端末メーカー別のシェアはシャープがトップ。スマートフォンのプラットフォームのシェアはGoogleのアンドロイドOSがで過半数を占め、その後にアップルが続く。

 スマートフォン/非スマートフォン双方を含めた13歳以上の携帯電話利用者数(複数の携帯電話利用の重複者排除)は約1億0270万人だった。全携帯電話利用者の23.5%にあたる2400万人以上がスマートフォンを利用しており、2011年の年末に比べて43%増加している。

 モバイルユーザーの行動調査によると、端末で写真を撮ったことがあるユーザーは6276万人で、全携帯電話利用者の61.1%にあたる。また、ブラウザ使用(50.8%)よりもアプリを使用する傾向にあり(54.7%)、46.9%のユーザーは他の端末にテキストメッセージを送信している。3人に1人は天気情報にアクセスしており、29.9%のユーザーは端末で検索を行っている。

 今回の調査の結果を受け、コムスコア・ジャパン代表取締役社長の西谷大蔵は次のように述べる。「日本でスマートフォンの普及が拡大しているのは議論の余地がない。ただ、スマートフォン先進国の英国やスペイン(ともに携帯電話ユーザーのうち50%超がスマートフォン)と比べると、日本はようやく半分弱だ。今後どのようなペースで伸張していくのかを見極めるためにも最新データを定点観測する重要性がある」。

 なお、調査はユーザーがメインで使用している携帯電話端末について調査したデータであり、サブ機(2台目、3台目など)として利用している端末は上記の数値には含まれていない。

4人にひとりはスマホユーザーに……モビレンズ調査

《高木啓@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×