データベースへの不正アクセスを検知・遮断するサービスを開始(NRIセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

データベースへの不正アクセスを検知・遮断するサービスを開始(NRIセキュア)

NRIセキュアは、データベースの監視・監査・保護を目的とする「DBファイアウォール管理サービス」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は8月6日、データベースの監視・監査・保護を目的とする「DBファイアウォール管理サービス」の提供を同日より開始したと発表した。本サービスは、顧客のデータベースサーバと他のネットワーク機器との間に専用機器(DBファイアウォール)を設置し、データベースへのアクセスをリアルタイムで監視、不正アクセスを検知・遮断するもの。独立したネットワーク機器であるため、データベースサーバ自体への設定変更やソフトウェアのインストールは不要。

と呼ばれる攻撃パターンのリスト「シグネチャ」と通信の中身を付き合わせて検知・遮断する「ブラックリスト方式」と、稼働中のDBトラフィックを学習して検知・遮断する、ダイナミック・プロファイリングと呼ばれる「異常検知方式」の二通りの方法でデータベースを保護する。検知状況は、NRIセキュアの運用監視メンバーが日米の拠点から24時間体制で確認する。データベースに対する不正なアクセスを検知した場合は、あらかじめ取り決めておいた対応方針に基づいて顧客へ即時に連絡し、対応方針の助言などを行う。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×