元派遣社員が顧客情報管理システムを不正に検索、顧客3名の連絡先が流出(NTTドコモ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

元派遣社員が顧客情報管理システムを不正に検索、顧客3名の連絡先が流出(NTTドコモ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 NTTドコモは31日、同社の業務委託先会社の元派遣社員が、業務中にドコモの顧客情報管理システムを不正に検索し、顧客3名の連絡先電話番号(一般加入電話番号)を社外に流出させた疑いがあることが判明したと発表。なお、当該元派遣社員は昨日、愛知県警により「不正競争防止法」違反の容疑で逮捕されている。

 この件につきドコモは、「お客様にご迷惑とご心配をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。弊社といたしましては、今回の事態を厳粛に受け止め、捜査機関への全面的な協力を行い、全容解明に全力を尽くしてまいります。」とコメント。

 また、ドコモは本件の発生を踏まえ、顧客情報管理システムにおける不正な検索の防止に向けた取り組みを更に強化するとし、既にアクセスログのチェック方法に関する対策を実施したとしている。

ドコモ、顧客情報流出でお詫び

《白石 雄太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×