新たな脅威への対応はCSIRTとPSOCの連携が重要--統合リスク管理レポート(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

新たな脅威への対応はCSIRTとPSOCの連携が重要--統合リスク管理レポート(ラック)

ラックは、「統合リスク管理レポート vol.01『新たな脅威に対応するための組織態勢の検討~CSIRT およびPSOC への取り組み~』」を公開した。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
株式会社ラックは6月20日、「統合リスク管理レポート vol.01『新たな脅威に対応するための組織態勢の検討~CSIRT およびPSOC への取り組み~』」を公開した。本レポートは、同社のセキュリティコンサルティングチームが、過去の実績と経験を元に「今必要なセキュリティ対策」の在り方をレポートとしてまとめたもの。

今回は、標的型攻撃など新たな脅威への対応はツール導入など技術的な対策だけでは守ることが難しく、運用管理の強化や従業員一人ひとりの意識向上が不可欠であるとして、新たな脅威への対応を、組織態勢面から考察している。ISMSによるセキュリティ推進体制はほとんどの組織で構築されているが、その課題を提示した上でCSIRTによる実効的なセキュリティ推進、PSOC(ITによる内部監視の強化)との連携を提案している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×