Apache Strutsで任意のJavaコードが実行される脆弱性を検証(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

Apache Strutsで任意のJavaコードが実行される脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、「Apache Struts」のException Delegatorにおける入力値処理の不備により任意のJavaコードが実行される脆弱性に関する検証レポートを公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
NTTデータ先端技術株式会社は6月22日、「Apache Struts」のException Delegatorにおける入力値処理の不備により任意のJavaコードが実行される脆弱性(CVE-2012-0391)に関する検証レポートを公開した。本脆弱性は、Exception Delegatorにおける入力値処理時の例外において、値をOGNL式として評価するため、任意のJavaコードを実行可能となるもの。攻撃者は本脆弱性を悪用し、ターゲットホスト上において奪取されたユーザ権限で任意のJavaコードを実行することが可能になる。

同社では今回、この脆弱性の再現性について検証した。検証は、Windows Server 2003上のTomcat 7.0.27、Apache Struts 2.2.1.1を利用したWebアプリケーション、およびDebian 6.0.2上のJetty 6.1.25、Apache Struts2.2.1.1を利用したWebアプリケーションを検証ターゲットシステムとして実施した。ターゲットシステムに細工したHTTPリクエストを送信し、Strutsを利用したアプリケーションを介して、任意のJavaコードを実行させた。なお、今回の検証に用いたコードは、ターゲットシステム上から特定のサーバ、ポートへコネクションを確立させるよう誘導し、システムの制御を奪取するもの。これにより、リモートからターゲットシステムを操作可能となる。検証の結果、誘導先のコンピュータ(Debian)のコンソール上にターゲットシステム(Windows Server 2003)のプロンプトが表示され、ターゲットシステムの制御の奪取に成功した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×