MicrosoftがFlameの侵入からWindows Updateを「強化」〜ホットなマルウェアはどのようにしてレドモンドの新たな穴に火を付けたのか(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

MicrosoftがFlameの侵入からWindows Updateを「強化」〜ホットなマルウェアはどのようにしてレドモンドの新たな穴に火を付けたのか(The Register)

国際 TheRegister

Flameウイルスが公式なMicrosoftソフトウェアを偽装し、アップデートとして自身を提供することで、PCに感染可能であることを研究者達が発見したことを受け、MicrosoftはWindows Updateシステムを「強化」した。

この高度なワームは、先月末にセキュリティ専門家によって明るみに出されるまで、長くとも2年間、中東などのコンピュータに侵入していた。現在、同マルウェアがMicrosoftのTerminal Services Licensingサーバにある親鍵のような証明書を使用して、自身の悪意あるコードを署名し、Windowsマシンを騙して実行ファイルを信用させ、インストールさせることが判明している…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×