T-Mobileが不注意から消費者1,100人の電子メールアドレスを暴露〜Hothouseで流出させた通信会社(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

T-Mobileが不注意から消費者1,100人の電子メールアドレスを暴露〜Hothouseで流出させた通信会社(The Register)

わずか1年後にはVodafoneが、間違って過剰請求した人々の電子メールリストを公開してしまった。この立派な会社でさえ、時にはボタンを押し間違えることは免れず、これに続く唯一正しい行動指針は、卑屈な謝罪しかない。

国際 TheRegister
T-MobileのHothouse(メーリングリストのようなフォーカスグループ)が今朝、リストに掲載されている全員の電子メール・アドレスという付加価値を得た。失策の後、すぐに謝罪と問題ある情報の削除要請が出された。

このミスは、消費者から意見や製品のアイディアを収集するスキームを実行するIpsos MORIにより、我らが旧友Blind Carbon Copy(BCC)が使用されなかったことが原因だ。その代わりにこのマーケット・リサーチ会社は、はからずも「To」フィールドに1100個のアドレスをペーストしてしまった…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×