企業でのスマートデバイス活用を支援する統合製品などを発表(日本IBM) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

企業でのスマートデバイス活用を支援する統合製品などを発表(日本IBM)

日本IBMは、企業におけるメディアタブレットやスマートフォンといったモバイル端末の活用を包括的に支援するための、統合ソフトウェア製品および、モバイル対応アプリケーションの開発・実行環境を個別に提供するソフトウェアを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は5月17日、企業におけるメディアタブレットやスマートフォンといったモバイル端末の活用を包括的に支援するための、統合ソフトウェア製品「IBM Mobile Foundation V5.0(Mobile Foundation)」および、モバイル対応アプリケーションの開発・実行環境を個別に提供するソフトウェア「IBM Worklight V5.0(Worklight)」を6月16日よりダウンロード提供を開始すると発表した。

Mobile Foundationは、iOS、Android OS、Blackberry、Windows Phoneに対応するモバイルアプリケーションの開発・実行環境(Worklight)、クラウドや基幹システムとのデータ連携、アプリケーションやモバイル端末のセキュリティと管理の3つの機能を統合したソフトウェア製品となっている。使用料金は、Mobile Foundationが12,814,500円から、Worklightは4,955,900円。メディアでの提供は7月10日を予定している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×