企業でのスマートデバイス活用を支援する統合製品などを発表(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

企業でのスマートデバイス活用を支援する統合製品などを発表(日本IBM)

日本IBMは、企業におけるメディアタブレットやスマートフォンといったモバイル端末の活用を包括的に支援するための、統合ソフトウェア製品および、モバイル対応アプリケーションの開発・実行環境を個別に提供するソフトウェアを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は5月17日、企業におけるメディアタブレットやスマートフォンといったモバイル端末の活用を包括的に支援するための、統合ソフトウェア製品「IBM Mobile Foundation V5.0(Mobile Foundation)」および、モバイル対応アプリケーションの開発・実行環境を個別に提供するソフトウェア「IBM Worklight V5.0(Worklight)」を6月16日よりダウンロード提供を開始すると発表した。

Mobile Foundationは、iOS、Android OS、Blackberry、Windows Phoneに対応するモバイルアプリケーションの開発・実行環境(Worklight)、クラウドや基幹システムとのデータ連携、アプリケーションやモバイル端末のセキュリティと管理の3つの機能を統合したソフトウェア製品となっている。使用料金は、Mobile Foundationが12,814,500円から、Worklightは4,955,900円。メディアでの提供は7月10日を予定している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×