出口対策や協調型の脅威情報配信で標的型攻撃に対応(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

出口対策や協調型の脅威情報配信で標的型攻撃に対応(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、脅威情報配信サービス「Check Point ThreatCloud」およびセキュリティスイートの最新リリース「Check Point R75.40」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は5月8日、同社のセキュリティ製品の最新版「Check Point R75.40」を発表した。同社Software Blade製品の既存ユーザーはR75.40に無償でアップグレードが可能。

従来のOSである「IPSO」と「SecurePlatform」を統合した「Check Point GAiA」を新たなOSに採用し、従業員の名前などをキーワードにしたGoogleの検索のようなログ分析が可能な「SmartLog」の他、C&CサーバのURLデータベースや、攻撃に固有な通信パターンの検出、疑わしい行動の分析などによる出口対策を行う「Anti-Bot Software Blade」など、100以上の新しいセキュリティ機能を搭載する。

また同日発表された脅威情報配信サービス「Check Point ThreatCloud」は、「世界のセキュリティ調査研究機関から提供を受ける既知の脅威」「自社のセンサーネットから収集する現在拡大中の脅威」「顧客のゲートウェイから収集する未知の脅威」以上3つの情報から構成される協調型のネットワークで、全世界の同社製品に情報を配信し、R75.40を強化する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×