Webサイトの一部が不正アクセスにより改ざん、個人情報の漏えいは確認されず(NICT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

Webサイトの一部が不正アクセスにより改ざん、個人情報の漏えいは確認されず(NICT)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)は2日、Webサイトへの不正アクセスがあったことを公表した。Webサイトの一部が不正アクセスにより改ざんされていたことが、5月1日7時00分頃に判明した。

 そのためNICTでは1日、不正アクセス判明直後に、該当するサーバ機器を機構内外のネットワークから切り離す措置を講じたとしている。詳細については現在調査中で、他サーバへの侵入および保有する個人情報等のデータの漏えいは確認されていないとのこと。

情報通信研究機構(NICT)、Webサイトが改ざん被害に

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×