Windowsコモンコントールの脆弱性を悪用するエクスプロイト、実環境で確認(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

Windowsコモンコントールの脆弱性を悪用するエクスプロイト、実環境で確認(マカフィー)

脆弱性と脅威 脅威動向

マカフィー株式会社は5月2日、同社McAfeeLabsの主任研究員が実環境で「CVE-2012-0158」のエクスプロイトを確認したとブログで発表した。4月16日週から、Microsoft Officeなどのマイクロソフト製品のMSCOMCTL.OCXに存在する脆弱性(CVE-2012-0158)を利用する不正なファイルが多数確認されている。このエクスプロイトは、RTF、Word、Excelなど、さまざまなファイル形式で実装することが可能となっている。

実環境では不正なRTFとWordファイルが確認されており、悪質なRTFファイルにはobject、objocxタグを使って脆弱なOLEファイルが埋め込まれている。こうした不正なファイルを脆弱なアプリケーションで開くと、「おとり」として無害なファイルが表示されがが、その裏ではトロイの木馬がインストールされる。感染したマシンではWordがすぐに終了し、直後に「おとり」となるファイルが再起動するといった現象が見られる。このような兆候が見られた場合は、システム管理者に相談するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×