米国の商事改善協会を騙るメール攻撃を確認--インテリジェンスレポート(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

米国の商事改善協会を騙るメール攻撃を確認--インテリジェンスレポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年2月度(日本語版)」を発表した北米の著名な調停・仲裁サービスである「米国の商事改善協会(Better Business Bureau)」を詐称するメールを使用した新種のサイバー攻撃を確認したという。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社シマンテックは3月8日、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年2月度(日本語版)」を発表した。今月の分析では、北米の著名な調停・仲裁サービスである「米国の商事改善協会(Better Business Bureau)」を詐称するメールを使用した新種のサイバー攻撃を確認したことを挙げている。このメールにはソーシャルエンジニアリング技術が使用されており、企業に対して訴訟が起こされていることや、添付ファイルにその詳細が記載されていることをメッセージに含め、実行可能ファイルが埋め込まれたPDFファイルや、マルウェアに感染するURLに受信者を誘導しようとする。

また2月は、バレンタインデーの1週間にサイバー犯罪が特に目立っていた。この週には、1日当たりのバレンタインデーに関連するスパムメッセージの量が平均で3.5倍に増加した。2月14日を過ぎるとスパムの量は減少に転じたが、2月16日には再び急増した。この日のバレンタインデーに関連するメールの量は1日平均の約6倍を記録している。2月のスパムの割合は微減したが、フィッシング、ウイルスメールは増加した。マルウェアをホストする新たなWebサイトの数は1日に平均2,305件発見され、これは前月比9.7%の増加となっている。エンドポイントにおいて最も多くブロックされたマルウェアは「WS.Trojan.H」であった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×