クレジットカード1件1~10ドル、盗まれた個人情報はいくらで売買?(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.18(金)

クレジットカード1件1~10ドル、盗まれた個人情報はいくらで売買?(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は2月23日、不正プログラムやフィッシングによって盗まれた個人情報の取引価格についての調査結果をブログで発表した。これは、同社トレンドラボが2011年8月から2012年1月にかけて調査したもの。クレジットカード番号1件あたりの値段は、米国内では1から3USドル(79から237円)、中米、豪州、欧州では3から8USドル(237から632円)、アジア、中東では6から10USドル(474から790円)と、カードが発行された国によって多少の差があり、米国で発行されたカードは他国より割安となっている。

銀行口座については、オンラインバンキングの暗証番号と組み合わせて売買されることが一般的であるが、直接的に金銭の不正獲得に結びつきやすいという点や、金銭のやり取りに利用できることから25から35USドル(1,975から2,765円)とカード番号よりも高い値段で取引されている。しかし、価格は年々安くなっている。SNSでは、Facebook1件あたりのアカウント情報が1.2円(1,000件で15USドル)、Twitterは2.7円(2,200件で75USドル)。WebメールのユーザIDとパスワードの組み合わせでは、Yahoo!メール、Hotmailが1件あたり0.6円(1,000件で8USドル)、Gmailが2.7円(2,500件で85USドル)となっている。Gmailが他のメールより高額になっているのは、Gmailのアカウント情報はAndroid OSを搭載したモバイル端末やSNS「Google+」との関連性が高いためと推測している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 中国の「APT10」、日本の官公庁や製造業、メディアなどを狙う攻撃が活発化(ファイア・アイ)

    中国の「APT10」、日本の官公庁や製造業、メディアなどを狙う攻撃が活発化(ファイア・アイ)

  2. 改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC)

    改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC)

  3. バッファロー製の無線LAN製品に複数の脆弱性(JVN)

    バッファロー製の無線LAN製品に複数の脆弱性(JVN)

  4. Apache Struts 2 において Struts 1 由来のプラグインでの値検証不備により任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. OSPFプロトコルを実装する複数の製品に、DoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JVN)

  6. 組込みソフト搭載の専用機器からSSHへのパケットが増加--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  7. WindowsのLNKにリモートから任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  8. バッファロー製の無線LANルータに、任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  9. TwitterでNintendo Switchの購入希望者を狙った詐欺が横行

  10. 海外製デジタルビデオレコーダへのアクセスが増加、脆弱性悪用のおそれ(警察庁)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×