スマートデバイス向け証明書にJailbreak、root化端末を検知する機能(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

スマートデバイス向け証明書にJailbreak、root化端末を検知する機能(日本ベリサイン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本ベリサイン株式会社は2月20日、スマートフォン・タブレット型端末などのスマートデバイス向け証明書発行ソリューション「ベリサイン マネージドPKI for Device(MPKI for Device)」において、Jailbreakおよびroot化された端末検知機能を追加し、順次提供を開始すると発表した。これにより不正な端末への証明書の発行を禁止することが可能となり、企業の端末利用のセキュリティをより強化できる。

新機能では、MPKI Client経由での端末への証明書発行時に不正端末を検知することが可能なほか、不正端末検出時に証明書発行の有無を設定できる。禁止しない場合はMPKI Clientに警告、禁止した場合はエラーが表示される。検知結果は管理者向けの設定および管理ツール「デバイスIDマネージャ」に記録される。新機能は「MPKI Client」のバージョンアップによって利用可能となり、iPhone、iPad向けはApp Store、Android OS向けはAndroid Marketから、それぞれ2月20日以降順次公開され次第、無償でダウンロードできる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×