日本ベリサインの社名を「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ」に変更(シマンテック) | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

日本ベリサインの社名を「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ」に変更(シマンテック)

 シマンテックは3月25日、米国法人シマンテック・コーポレーションの完全子会社である日本ベリサインの社名を「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ」にすることを発表した。

製品・サービス・業界動向
新しいノートンセキュアドシール
  • 新しいノートンセキュアドシール
  • 「日本ベリサイン」公式サイト
 シマンテックは3月25日、米国法人シマンテック・コーポレーションの完全子会社である日本ベリサインの社名を「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ」にすることを発表した。

 4月1日付で、新社名「合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ」(Symantec Website Security G.K.)に変更する。

 なお、社名変更に合わせて、4月15日より、シマンテックSSLサーバ証明書、およびシマンテック セーフサイトにバンドルされているノートンセキュアドシールの画像に表示されていた“powered by VeriSign”の文字列を、“powered by Symantec”に変更する。ノートンセキュアドシールを表示している場合は、自動的に切り替わる。切り替えは順次行われ、1か月程度で終了する見込みだ。

 シマンテックは、2012年11月に、日本ベリサインを子会社化している。

日本ベリサイン、「シマンテック・ウェブサイトセキュリティ」に社名変更

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

    「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  2. 日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

    日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

  3. マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

    マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

  4. ジョン・マカフィーの死から三年、新CEOにクレイグ・バウンディ氏

  5. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

  6. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  7. NTTドコモグループ 、カスタマーハラスメントに対する基本方針を策定

  8. CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASM

  9. 無効な Google アカウントに関するポリシーを更新、2年以上使用されていない場合削除対象に

  10. 2 年連続 ITパスポート試験が 1 位、情報セキュリティマネジメント試験も注目ランキングで 2 位に

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×