日立ソリューションズ、違法コピーを防止するサービスをクラウドで提供……MS「PlayReady」を利用 | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

日立ソリューションズ、違法コピーを防止するサービスをクラウドで提供……MS「PlayReady」を利用

 日立ソリューションズは9日、マイクロソフト社のデジタル著作権管理(DRM)技術「PlayReady」を利用したデジタルコンテンツの違法コピーを防止できる「DRMサービスpowered by PlayReady」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日立ソリューションズは9日、マイクロソフト社のデジタル著作権管理(DRM)技術「PlayReady」を利用したデジタルコンテンツの違法コピーを防止できる「DRMサービスpowered by PlayReady」を発表した。

 「DRMサービスpowered by PlayReady」は、クラウドサービスとして提供されるため、コンテンツ配信事業者は、DRMに対応したコンテンツの配信を短期間で実現できる。試行環境を2月13日から提供開始し、3月1日から本番サービスとして運用を開始する。

 「DRMサービスpowered by PlayReady」では、エンドユーザーがコンテンツをダウンロードする際に必要となるライセンスキーをサーバから発行。これにより、ライセンスキーが発行されていない端末からは、デジタルコンテンツを再生(復号)できない。コンテンツ配信事業者は、既存のコンテンツ配信システムを利用しながら、DRMに対応した音楽、動画、電子書籍などのコンテンツ配信が可能。

 価格(予定)は、初期費用が210,000円(税込)、月額固定費用が52,500円(税込)、月間に発行したライセンス数に応じた費用が1ライセンス1円。
《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×