東京電力、警戒区域内にある自動車に対する賠償を開始 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

東京電力、警戒区域内にある自動車に対する賠償を開始

東京電力は7日、「財物価値の喪失または減少等」に対する賠償のうち、原発事故の警戒区域内にある自動車の一部に対する賠償を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
東京電力は7日、「財物価値の喪失または減少等」に対する賠償のうち、原発事故の警戒区域内にある自動車の一部に対する賠償を開始すると発表した。

賠償の対象となるのは、原発事故に伴う警戒区域の設定により管理不能となったため故障した車両や、放射線量が基準値を超えたことで警戒区域外への持出しができない車両。国土交通省の特例措置により永久抹消登録済みとなった車両で、いずれも現在、警戒区域内にあることが条件となる。

金額については、車両の本体価格および合理的な範囲で必要となる諸費用を賠償するとし、車両本体価格については、第三者機関が2011年3月11日時点の中古車市場における同種同等の自動車を取得する場合の費用を算定するとしている。

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×