セキュリティ会社とサイバー犯罪者の戦いが激化--2012年セキュリティ予測(ウェブルート) | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

セキュリティ会社とサイバー犯罪者の戦いが激化--2012年セキュリティ予測(ウェブルート)

ウェブルートは、「2012年のサイバーセキュリティ予測トップ7」をブログで発表した。2012年は、「標的を絞った攻撃の1年」になるとしている。

脆弱性と脅威 脅威動向
ウェブルート・ソフトウェア株式会社(ウェブルート)は2月1日、「2012年のサイバーセキュリティ予測トップ7」をブログで発表した。この記事は同社が11月17日に発表した英語版記事を翻訳したもの。これによると2012年は、「標的を絞った攻撃の1年」になるとしている。セキュリティ攻撃は大規模な脅威から、ごく一部の人間への感染を狙ったものへと少しずつ進化するとみている。また、より革新的で効果的なセキュリティ技術が大変革を巻き起こし、セキュリティ会社とサイバー犯罪者の戦いが激化すると予測している。

さらに、政府レベルでのサイバー攻撃対策が進むことや、ビジネスがクラウドプラットフォームへの集団移行を始めること、サイバー犯罪者が現在の環境ではまだ脆弱性が高いモバイルデバイスに重点を置くようになること、正規のAndroidアプリケーションが不正な活動に悪用されることを挙げている。一方で、セキュリティ上もっとも弱いとされていた一般ユーザや企業の従業員のセキュリティ意識が向上するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×