ハイエンド市場でのUTMのイメージを変える、新カントリーマネージャー久保田氏(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

ハイエンド市場でのUTMのイメージを変える、新カントリーマネージャー久保田氏(フォーティネットジャパン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

フォーティネットジャパン株式会社は1月25日都内で記者会見を行い、事業概況の報告を行い、新たにカントリーマネージャーに就任した久保田則夫氏が、2012年営業戦略を発表した。

はじめに、インターナショナルのバイスプレジデントであるPatrice Perche氏が、同社が2011年にワールドワイドで好調な業績を確保したこと、及び、日本市場でもSMBと中規模企業の市場で大きく成長したことを報告した。同氏によれば、ハイエンドマーケットのシェアがまだ低い日本市場は今後の伸びしろがあるという(同社のワールドワイドでの売上はハイエンドマーケットのシェアが高い)。

次に、エクストリーム ネットワークス株式会社、H3Cテクノロジージャパン株式会社で代表を務め、新たに同社のカントリーマネージャーに就任した久保田氏が、ワールドワイドでのフォーティネット社の目標が10億ドル企業であることをふまえ、今後継続的に30%成長を実現する目標を明らかにした。

そのための戦略として、「CISCOやJuniperなどの競合他社を個別に徹底分析し、優位を確立するための対策実施」「営業開発部隊の強化と、特にデータセンターやサービスプロバイダ向けの市場開発」「SMB市場での今後のアプローチの継続」の3つの方針を挙げた。

久保田氏はUTMのハイエンドサービスを、政府機関や金融などのクリティカルな業務を行う組織向けに拡販していくにあたって、同社のASIC(特定用途向け集積回路)への長年の投資等の技術的裏打ちを、市場とのコミュニケーションを通じて示していくことで、ハイエンド分野でのUTMのイメージを変えていきたいと語った。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×