Lethicボットネットの再成長、Androidトロイの木馬の新種--脅威動向レポート(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

Lethicボットネットの再成長、Androidトロイの木馬の新種--脅威動向レポート(フォーティネット)

フォーティネットジャパンは1月16日、2011年12月における脅威の状況に対する調査レポートを発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フォーティネットジャパン株式会社は1月16日、2011年12月における脅威の状況に対する調査レポートを発表した。本レポートは、同社のFortiGuard Labsが世界中で稼働しているFortiGateネットワーク セキュリティ アプライアンスおよびFortiGuard Labsの監視システムから収集したデータに基づき、過去4週間の脅威に関する統計およびトレンドを収集・集計したもの。

レポートでは、最も流行したボットネットのひとつである「Lethicボットネット」の通信トラフィックが、新たな場所で検出されたと報告している。Lethicは2008年に初めて発見され、最初は違法薬品販売スパムメールの配布に利用された。一時はISPとの連携で沈静化したが、昨年4月までに再度発生している。また、「Foncy」と呼ばれる新しいAndroidのトロイの木馬が、Kaspersky社のDenis Maslennikovによって発見され、その後フォーティネットのヨーロッパを拠点とするFortiGuard Labsで解析された。ユーザの同意なしに短縮番号にSMSメッセージを送信するダイヤラーであり、現在フランスで広まっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×