Lethicボットネットの再成長、Androidトロイの木馬の新種--脅威動向レポート(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2022.06.25(土)

Lethicボットネットの再成長、Androidトロイの木馬の新種--脅威動向レポート(フォーティネット)

フォーティネットジャパンは1月16日、2011年12月における脅威の状況に対する調査レポートを発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フォーティネットジャパン株式会社は1月16日、2011年12月における脅威の状況に対する調査レポートを発表した。本レポートは、同社のFortiGuard Labsが世界中で稼働しているFortiGateネットワーク セキュリティ アプライアンスおよびFortiGuard Labsの監視システムから収集したデータに基づき、過去4週間の脅威に関する統計およびトレンドを収集・集計したもの。

レポートでは、最も流行したボットネットのひとつである「Lethicボットネット」の通信トラフィックが、新たな場所で検出されたと報告している。Lethicは2008年に初めて発見され、最初は違法薬品販売スパムメールの配布に利用された。一時はISPとの連携で沈静化したが、昨年4月までに再度発生している。また、「Foncy」と呼ばれる新しいAndroidのトロイの木馬が、Kaspersky社のDenis Maslennikovによって発見され、その後フォーティネットのヨーロッパを拠点とするFortiGuard Labsで解析された。ユーザの同意なしに短縮番号にSMSメッセージを送信するダイヤラーであり、現在フランスで広まっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×