2012年の8つの脅威を予測、上位3つがAndroidに関わる脅威(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

2012年の8つの脅威を予測、上位3つがAndroidに関わる脅威(フォーティネット)

フォーティネットは、FortiGuard Labsによる2012年の脅威予測を公表、警戒すべき8つの脅威を指摘した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フォーティネットジャパン株式会社は12月15日、FortiGuard Labsによる2012年の脅威予測を公表、警戒すべき8つの脅威を指摘した。上位8つの脅威は、「モバイルデバイスを人質に取るランサムウェア」の登場、SMSメッセージ内やFacebook、Twitterなどのソーシャルネットワーク上にワームに感染したリンク先を通じた「Androidへのワーム攻撃」、Windowsモバイルフォンで確認されたポリモーフィズムがAndroidデバイス上に現れるのも時間の問題とする「Polymorphism(ポリモーフィズム)はクラッカーを望むか?」。

このほか、「ネットワークベースのマネーロンダリングに対する取締り」「セキュリティ分野での官民の連帯」「攻撃の視野に入ったSCADAの脅威」「スポンサーによって支援された攻撃」「大義を一刀両断する」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×