ソニーのWeb改ざん犯が第2のハッカーに敗北~食うか食われるかの世界(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

ソニーのWeb改ざん犯が第2のハッカーに敗北~食うか食われるかの世界(The Register)

どちらのサイバー攻撃も重大なものではなかった。だとしてもSonyが電子的な防衛を強化するために払ってきた多大な努力にとって、この最新のセキュリティ侵害は名誉なことでは無い。

国際 TheRegister
Anonymousに属するハッカーが、米国で提案され、忌み嫌われている海賊行為防止法案SOPAをソニーが支持していることから、今週、この巨大企業のオンラインの玄関口を破損した。

Sony PicturesのWebサイトが書き換えられ、明らかに未許可のコメントが、同巨大メディア企業のFacebookページにポストされた。デジタルのこの落書きはTwitterでs3rver_exeを名乗るハッカーによって行われたものだ。どちらの破壊行為も速やかに一掃され、このハッキングを紹介するYouTubeビデオもすぐに削除された。

犯人がためらうことなく認めたように、どちらのサイバー攻撃も重大なものではなかった。だとしても、同社ゲーム・プラットフォームを数週間、停止することを余儀なくさせられた昨年のPlayStation Networkのハッキングを受け、ソニーが電子的な防衛を強化するために払ってきた多大な努力にとって、この最新のセキュリティ侵害は名誉なことでは無い。

皮肉なことに、@s3rver_exeのTwitterアカウントは、#OpSony pwnageに続いて金曜にハッキングされた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×