集団訴訟を防ぐPSN規約改定を巡り、米国ユーザーがソニーを提訴 | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

集団訴訟を防ぐPSN規約改定を巡り、米国ユーザーがソニーを提訴

ユーザーが集団訴訟を起こすのを未然に阻止するような内容で、今年9月にPlayStation Network及びSony Entertainment Networkのサービス利用規約(ToS)を改定していたソニーですが、これに対して米国ユーザーが集団訴訟を起こしたことが明らかになりました。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
ユーザーが集団訴訟を起こすのを未然に阻止するような内容で、今年9月にPlayStation Network及びSony Entertainment Networkのサービス利用規約(ToS)を改定していたソニーですが、これに対して米国ユーザーが集団訴訟を起こしたことが明らかになりました。

GameSpotが入手した裁判資料によると、先月末頃、カリフォルニア北部に住む男性が、規約の改定が行われた2011年9月以前にPS3本体を購入、あるいはPlayStation Networkに登録を行った全てのユーザーを代表してソニーを提訴していたとのこと。

訴えの内容は、ソニーが行った不公正な取引方法を指摘するもので、代金を支払って本体を購入しているにも関わらず、ユーザーが集団訴訟を起こす権利や、PlayStation Networkのオンラインサービスにアクセスすることを放棄させていると主張。

さらに、利用規約の変更があった部分は、21ページに及ぶ規約文の最後に近い部分に記載されていたことや、簡単に観覧ができるオンライン版は更新されないなど、ユーザーが規約の改定を確認しづらい環境だった点を同時に追求。

PS3に他のOSをインストールする機能の制限や大規模な個人情報流出事件などで、今年に入ってからも、米国のユーザーを中心としてソニーに対し複数の集団訴訟が起こされていました。

尚、先日Microsoftも、米国ユーザーの集団訴訟を阻止する意図を含んだXbox LIVE利用規約の改定を行ったと言われています。
《Game*Spark@INSIDE》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×