三鷹市の全小中学校に緊急時通信手段としてPHSを導入(ウィルコム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

三鷹市の全小中学校に緊急時通信手段としてPHSを導入(ウィルコム)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ウィルコムは1月12日、東京都三鷹市内の全小中学校22校と教育委員会(市役所内)に、緊急時の通信手段としてPHS電話機「WX02A<イエデンワ>」を提供すると発表した。

 イエデンワは、据え置き型のPHS電話機で、設置工事が不要であるため場所を選ばずに設置が可能。また、AC電源の他に乾電池でも駆動し、単3型アルカリ乾電池4本で約800時間駆動、約10時間の連続通話が可能という省電力を実現し、電源のない場所での通信手段としても利用可能という。

 三鷹市では、イエデンワにより通信手段の複数化を図り、災害などの緊急時の連絡手段や地域コミュニティとの連携手段として活用するという。

三鷹市、全小中学校に緊急時通信手段としてウィルコム「イエデンワ」導入

《田村 麻里子@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×