北朝鮮総書記死去のニュースに便乗した標的型メールを複数確認(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

北朝鮮総書記死去のニュースに便乗した標的型メールを複数確認(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は12月20日、東京SOCにおいて北朝鮮総書記死去のニュースに便乗したものと思われる標的型メールが、国内の企業に送信されていることを確認したと発表した。送信されたメールには不正なPDFファイルが添付されており、Adobe ReaderおよびAcrobatの脆弱性(CVE-2011-2462)を悪用する不正なコードが含まれていた。

また、CVE-2011-2462とは別のAdobe ReaderおよびAcrobatの脆弱性(CVE-2011-0611)を悪用する不正なPDFファイルが添付されたメールも確認されている。同社では、今後も同様の攻撃が継続する可能性があるとして、注意を呼びかけている。なお、攻撃対象となった脆弱性を修正するバージョンは、すでにリリースされているため、最新のバージョンへのアップデートも検討するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×