IE、最新版への自動アップデートを開始(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

IE、最新版への自動アップデートを開始(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米マイクロソフトは12月15日(現地時間)、IEをそのパソコンで使用可能な最新バージョンに自動的にアップグレードすると発表した。

 自動アップデートができるのはWindows XP、Vista、Windows7で、オーストラリアとブラジルでは来年1月から、その他の国はその後で実施される。

 ブラウザを始めとするアプリケーションソフトの自動アップデートは今ではごく一般的なものだが、IEはWindowsアップデートによるバグフィックスのみ実施し、メジャーバージョンのアップは自動化していなかった。そのため古いバージョンを使い続けるユーザーが少なくなく、セキュリティ上の問題となっていた。

 マイクロソフトは、今回の決定はマルウェアなどへの感染リスクをできるだけ減らすために最新版を使うのが好ましいこと、将来的にHTML5をはじめとするウェブ標準規格を採用する上で、旧バージョンをそうした最新技術に対応させていくことが非生産的であるためとしている。

 IEはかつてのような独占状態ではないものの、依然として半数のシェアを持っている。このため今回のマイクロソフトの決定はインターネットのセキュリティを大きく改善するといえる。

マイクロソフトがIEの最新版への自動アップデートを開始すると発表

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×