震災を受けてBCP、DR対策への取り組みを最優先とする企業が増加(NRIセキュア) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

震災を受けてBCP、DR対策への取り組みを最優先とする企業が増加(NRIセキュア)

NRIセキュアは、「企業における情報セキュリティ実態調査2011報告書」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は12月13日、「企業における情報セキュリティ実態調査2011報告書」を公開した。本調査は2002年から毎年実施しているもので、今回で10回目となる。今回は、東証1部・2部上場企業を中心にアンケート調査を実施、599社から回答を得た。調査結果によると、企業において最優先の取組みとして選ばれた項目は、1位が「事業継続計画の策定(13.2%)」、2位が「ディザスタ・リカバリ対策の実施(9.3%)」となった。また、「ディザスタ・リカバリ対策の実施(+2.0%)」「スマートフォンのセキュリティ対策強化(+2.1%)」は昨年度からの増加率が高く、東日本大震災のインパクトの大きさや、スマートフォンへの関心の高さがうかがえる。

海外拠点の情報セキュリティ対策では、対策の実施・管理を現地任せにしている企業が約40%、対策の結果確認を現地任せにしている企業は約65%にも上った。各拠点の特性や文化の違いから、日本側の想定と異なる実態となっているおそれがあるとしている。スマートフォン・タブレット端末における情報セキュリティ対策では、会社からの端末を支給する企業は、スマートフォン・タブレット端末ともに約50%。一方で私有端末の利用を許可する企業は、スマートフォンで約20%、タブレット端末で約15%となった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×