詐欺系スパムが20倍に増加、複数段階の攻撃が一般的に--四半期レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

詐欺系スパムが20倍に増加、複数段階の攻撃が一般的に--四半期レポート(カスペルスキー)

カスペルスキー)は、2011年度第3四半期の「スパムレポート」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は12月8日、ロシアKasperskyが11月3日に公開したリリースの抄訳として、2011年度第3四半期の「スパムレポート」を発表した。レポートによると、本四半期にはスパムトラフィック内の詐欺メールの割合が第2四半期の0.1%から2%と20倍に増加した。また、全メールトラフィックにおけるフィッシングメールの割合は、ごくわずか増加し0.03%となった。詐欺メールで使用されるソーシャルエンジニアリング手法は多様化が進んでおり、特に謝礼金付きのアンケートへの協力依頼など、詐欺メールをきっかけとして最終的にクレジットカード情報を盗み出すなど、複数の段階を経る攻撃が一般的になりつつある。

フィッシング攻撃では、対象となった組織ランキングでFacebookへの攻撃の割合が5ポイント増加し、5位から3位に上昇した。一方で今期初めて、トップ10圏内にランクインした銀行が2行のみとなった。また第3四半期には、全体のスパム量は減少しているものの、悪性ファイルを含むスパムが一段と増加、不安を煽るタイトルに一見暗号化されたような本文といったメールに悪性ファイルが添付されたケースが多く見られた。スパマー達が検知から逃れるために、依然としてGoogleのクラウドサービスを積極的に利用していることも特徴に挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×