Webアプリケーションの脆弱性を迅速に発見、補修するソリューション(NEC、日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

Webアプリケーションの脆弱性を迅速に発見、補修するソリューション(NEC、日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本電気株式会社(NEC)と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は12月7日、業務で使用されるさまざまなWebアプリケーションの脆弱性を迅速に発見し、補修する「Webアプリケーションセキュア開発ソリューション」を同日より販売開始すると発表した。本ソリューションは、日本IBMのWebアプリケーション脆弱性診断ツール「IBMR Rational AppScan」とNECのWebアプリケーション脆弱性補修モジュール「IncidentArmor」を組み合わせることで実現している。価格は540万円から。

AppScanが5,000種類を超える項目でWebアプリケーションの脆弱性を診断し、IncidentArmorがその診断結果のファイルをもとに自動的に補修のためのルールを生成、緊急度の高い脆弱性を中心に迅速に補修することが可能となる。ルールはシステム固有の条件に対応するため、カスタマイズすることも可能となっている。また、脆弱性の補修にあたりIncidentArmorが稼働するプラットフォームとして、従来から対応しているNECのWebアプリケーションサーバ「WebOTX」に加え、今回新たにIBMのWebアプリケーションサーバ「WebSphere Application Server」へも対応した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×