汚染水約150リットルが海へ(東京電力) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

汚染水約150リットルが海へ(東京電力)

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース

 東京電力は6日、汚染水の流出について発表した。

 同社によると、4日午前11時33分頃、福島第一原子力発電所の淡水化装置(蒸発濃縮装置)周辺の堰内に、当該装置(3A)から漏れたと思われる水が溜まっていることを、協力企業作業員が確認。その後、引き続き当該装置周辺を含めて調査を行ったところ、午後2時30分頃、土台のコンクリートにひび割れがあり、そこから堰の外の側溝に漏えいした水が漏れ出ていることを確認した。堰の外に漏えいした水の内、約150リットルが側溝に流入したと評価され、そこから一般排水溝を経由して海洋へ流出した。

汚染水、約150リットルが海へ

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×