「Occupy Flash」WebヒッピーがAdobeプラグインの無い世界を目指す~アンチFlashグループ、実際にはどこも占拠せず(The Register) | ScanNetSecurity
2020.09.22(火)

「Occupy Flash」WebヒッピーがAdobeプラグインの無い世界を目指す~アンチFlashグループ、実際にはどこも占拠せず(The Register)

あまり記憶力の良く無い人でも、HTML5がWebの救世主であるとして、Flashに対して単独で撲滅運動を開始したのが、今は亡きAppleの最高経営責任者スティーブ・ジョブスであったことを思い起こすだろう。

国際 TheRegister
ある「Occupy Flash」Webサイトが、至るところに存在するAdobeのメディア・プレイヤーをコンピュータから削除し、HTML5を採用するよう、PCユーザーに要請している。

このOccupy Flashサイトは、AdobeのFlash Playerプラグインを世界から取りのぞくことが目標だとしている。同サイトによれば、HTML5がWebの未来を獲得しつつあるからだ。今月Adobeは、もはやモバイル版のFlashを開発していないことを認めている。

Flash Playerはセキュリティの悪夢であり、大部分のデバイスで正常に動作せず、Webのアクセシビリティを減じていると同グループは述べ、以下のように付け加えている:「現時点で、それはWebを阻害している。」 同グループは続ける:

これは閉鎖的な標準と、企業によるWebテクノロジーの一方的なコントロールの時代から取り残された遺物だ。Flashに依存したWebサイトは、急速に増えているデスクトップ・ブラウザーを使用していないユーザーにとって、全く矛盾した(そしてしばしば使用不能な)エクスペリエンスを提示している。そしてFlashクッキーを介して、ゾッとするようなセキュリティとプライバシーの問題を引き起こす。

同グループは世界が、「意思決定者の代表団」が使用を命じるが故に、MicrosoftのInternet Explorer 6がいつまでも存続しているのと良く似た状況を回避することを望んでいる。

Adobeによれば、Flashはインターネット接続したPCの90パーセント以上にインストールされており、オンライン・アニメーション、広告、フィルムおよび他のメディア・コンテンツの制作で、多くの場合デフォルトの選択肢となっている。

これは必然的に、Flashを取りのぞくのに「若干の苦しみや犠牲を伴う」ことを意味しているが、「しかしFlashをサポートしないブラウザを使用する人が増えるほど、その痛みも早く沈静する」と、果敢にも同サイトは述べている。

Occupy Flashの背後にいるのが何者か、あるいは、どれだけの人数が関係しているのか…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×