【フォトレポート】日本発の国際ハッカー会議 AVTOKYO、国内外から過去最高の入場者 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

【フォトレポート】日本発の国際ハッカー会議 AVTOKYO、国内外から過去最高の入場者

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

AVTOKYO実行委員会が運営する、情報セキュリティ会議「AVTOKYO2011」が昨10月12日、東京の「クラブアクシス渋谷」で開催された。

同イベントは、「no drink, no hack.」をスローガンとするセキュリティコミュニティ「AVTOKYO」が主催するセキュリティカンファレンスで、2008年から毎年開催されており、今回で4回目の開催を迎えた。

そこで、イベント終了後の片付けと打ち上げ飲み会に追われる実行委員会リーダーの tessy氏に、今年のAVTOKYOの開催実績を聞いた。(本文敬称略)(写真及コメント:山本洋介山/ScanNetSecurity編集部)


-今年の来場者数は何名になりましたか?

おおよそ250名を超える参加者がいたようです。

(編集部註:過去の入場者数は、2008年約100名、2009年約120名。2010年約160名)

-来場者に傾向はありましたか?

正確な把握は登録方法の性質上困難ですが、顔ぶれを見るかぎりは、政府・警察関係、セキュリティ業界の方々等々さまざまでした。地方から来られた方も多数いました。古くからセキュリティに携わってる方から、未成年まで幅広い方が来場されました。

-今年一番盛り上がったセッションは何でしたか?

スタッフで会場を走り回っていてあまり見れていませんが、どのセッションも立ち見がでて大変混雑していました。パネルディスカッションは日本語のみなので、外国からの参加者の方には敷居が高かったようですが、参加者と講演者が非常に近い形でコミュニケーションが行われ、盛り上がっていました。ツイッターでの盛り上がりは下記をご参照下さい。

AVTokyo2011のつぶやきまとめ(#AVTokyo)
http://togetter.com/li/213437

-登壇した講師たちの反応やコメントはどうですか?

tessy:おおむね好意的な反応を頂いてほっとしています。海外からの参加者からは「こんな形態のカンファレンスは世界を見ても無いのでおもしろい!」という感想をいただき、とても励みになりました。

-来場者の反応はどうでしたか?

tessy:日本人はシャイなので、なかなか質問がなかったように見えましたが、いくつかは講演者に直接話しかけたりする姿を見ました。Androidに関するセッションは日本人から質問が多数ありました。APTやCyberCrimeに関するものは外国人が質問したりもありました。ですが、相対的に他のカンファレンスよりもお酒が入るせいか質問は多い方だと思います。

-当日の講演レジュメは一部Webで公開されると聞いたのですが

tessy:公開NGのものも多数ありますが、後日サイト上にて告知します。こちらは少しお待ちください。

-最後に来場してくれた人へのメッセージをお願いします

tessy:今年は大変多くのCFP(発表応募:Call for paper)があったこと、会場が3つのフロアに分かれたり、外国人を招きながら企業スポンサーに頼らず運営するなど、いろいろと挑戦的な部分がありましたが、結果として多数の外国からの講演者・参加者に来ていただき、僕たちのポリシーである「言語を超えるコミュニケーション」もでき、なんとか一つの形として開催することができました。

講演者、参加者、スタッフ、またAVTOKYOへの支援の心をよせていただいた個人スポンサーの方々に心からお礼を言いたいです。本当にありがとうございました。

また、今年初めての試みとして震災復興のためのチャリティオークションを開催しました。海外のカンファレンスからいただいた無料参加チケット、参加者・関係者から提供いただいた貴重な品々で最終的に26万円を超える金額になりました。金額はすべて日本赤十字に寄付する予定です。

まだまだ、荒削りなイベントですし、今後もいろいろと改善をはかっていきますので、感想、フィードバックなどありましたら、(やさしいこころをそえて)送ってください。来年さらなるアップグレードをして帰ってきます。


tessy氏略歴:
「no drink, no hack.」というスローガンを最もよく体現する男として信頼をおかれるAVTOKYO実行委員会リーダー。都内の情報セキュリティ企業で技術者として働くかたわら、チーム「sutegoma2」を率い、世界各国のセキュリティ会議の技術コンテストを転戦してきた。今夏、世界最大のセキュリティ技術コンテストである米ラスベガスのDEFCON CTFの予選を2位で通過し本戦出場を果たしたほか、10月にマレーシアで開催されたコンテストでは優勝の戦績をおさめる
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 脆弱性診断サービスはどこまで標準化できるのか(SHIFT SECURITY)

    脆弱性診断サービスはどこまで標準化できるのか(SHIFT SECURITY)

  2. [今週開催] 日本発の国際サイバーセキュリティ会議 CODE BLUE 2017、三つの挑戦

    [今週開催] 日本発の国際サイバーセキュリティ会議 CODE BLUE 2017、三つの挑戦

  3. 京王電鉄のサイバーセキュリティ、2005年の契機

    京王電鉄のサイバーセキュリティ、2005年の契機

  4. サイバー犯罪対策、産学官連携の成果 -- JC3 間仁田氏報告

  5. DMARCの国内ISP導入事例

  6. 総務省の「自治体情報システム強靱性向上」、その成果と新たな課題

  7. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第5回「知らないと困る?! 認証局とHTTPSの最新動向」について語る

  8. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  9. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第4回「サイバー攻撃最前線2017」について語る

  10. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第3回「転ばぬ先のIoTセキュリティ~コウカイする前に知るべきこと~」について語る

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×