海外における個人情報流出事件とその対応「新手のタイポスクワッティング攻撃」(1)攻撃方法は2種類 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.24(日)

海外における個人情報流出事件とその対応「新手のタイポスクワッティング攻撃」(1)攻撃方法は2種類

国際 海外情報

インターネットユーザが、WebサイトにアクセスしようとブラウザでURLを入力する際、タイプミスを悪用してユーザを別のサイトに誘導する「タイポスクワッティング」。

たとえば、2005年にはwww.google.comに似せたwww.gookle.comが話題となった。Googleと入力するつもりで間違って、www.gookle.comと入力すると、マルウェアを仕掛けたWebサイトにアクセスすることになり、感染してしまうというものだ。マルウェア感染の目的以外にも、サイトへのアクセスを増やすために利用するケースもある。

このタイポスクワッティングが、新しい目的で悪用されているとITセキュリティの研究者がホワイトペーパーで発表し、注目を集めている。タイポスクワッティングを悪用して、企業などの組織へのメールを異なる宛先に送ろうとする。ドッペルゲンガードメインと名付けられた、このセキュリティの脅威はFQDNに関するものだ。

ホワイトペーパーを発表したのは、ITセキュリティのシンクタンクであるGodai Groupの研究員だ。Godai Groupは、新しい脅威の調査、新しいツールの開発、ネットワーク環境をセキュアにするためのサービス提供に焦点を置いている。

調査では、フォーチュン誌による上位500社、フォーチュン500を調べ、約3割にあたる151社が被害を受ける可能性があると確認している。リストに挙げられたのは、Dell、IBM、インテル、ユニシス、yahooなどだ。そして、「大企業ではメール使用が極めて多く、結果、誤ってメールを送付してデータが漏えいする危険が飛躍的に高まる」と警告する。

ドッペルゲンガードメインで脅威とされるFQDNはFully Qualified Domain Nameの略で、完全修飾ドメイン名とも呼ばれ、TCP/IPを利用したネットワークでドメイン名やサブドメイン名、ホスト名などを省略しないで記述したドメイン名のことだ。ドッペルゲンガーという言葉を使っているとおり、ドッペルゲンガードメインは、ホスト/サブドメイン名とドメイン名の間で、ドットが抜けているだけで、正式なFQDNと全く同じものとなっている。Godai Groupのホワイトペーパーではこれを説明するために、例として@us.company.comに対して、@uscompany.comを挙げている。usとcompanyの間にドットが入るか、入らないかの違いのみとなっている。

●攻撃方法は2種類
Godai Groupが指摘するメールベースの攻撃は2種類ある。まずは、攻撃側は全面的に受身のものだ。ドッペルゲンガードメインを入手した後は、メールサーバのコンフィギュレーションを行い、そのドメインに対するメールを全て受信する。この方法はキャッチオールとも呼ばれ、メールサーバで存在しないアドレスあてのメールでも、全て受信する。通常はスペルミスにより組織にとって重要なメールを、受信しそびれる状況を避けるためのものだ。

もうひとつはソーシャルエンジニアリングを攻撃のベクターに組み込んだもので、Godai Groupでは特定の個人にのみ使用されることが多いと考える。最初のシナリオでは、ドメインを入手した後は、攻撃者はのんびりとスペルミスで届けられるメールを待っているが、こちらでは積極的にターゲットを攻撃する。

ドッペルゲンガードメインは正式なメールドメインに非常に似ていることから、攻撃側がなりすましのツールとして利用する。通信者間に入り込む中間者攻撃を行うというもので、攻撃側はターゲットとする組織とそのパートナーや、組織が利用する金融機関の両方のドッペルゲンガードメインを取得する。そして…

※本記事は有料版に全文を掲載します

(バンクーバー新報 西川桂子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

    Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  2. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

    フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  3. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

    「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  4. 豪大臣、サイバー戦争の国際法整備を ASEAN 諸国に求める(The Register)

  5. 総資産 2,303 万 3,975 ドル、逮捕された Alphabay 運営者のずさんなセキュリティ管理 (The Register)

  6. 「ゴリラズ・アプリ」の暗号解読で求人の一次審査を免除(英ジャガー・ランドローバー)

  7. Black Hat、DEF CON、BSides 開催でホテルがビジネスセンターを真剣に閉鎖(The Register)

  8. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  9. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  10. 9月18日「大規模日本Webサイト攻撃活動」の成果(Far East Research)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×