WindowsのTrueTypeフォント解析に脆弱性、すでに攻撃を確認 (JVN) | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

WindowsのTrueTypeフォント解析に脆弱性、すでに攻撃を確認 (JVN)

日本マイクロソフト株式会社が提供するMicrosoft Windowsの TrueType フォント解析処理に脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威
独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月7日、日本マイクロソフト株式会社が提供するMicrosoft Windowsの TrueType フォント解析処理に脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。これは、マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ(2639658)「TrueType フォント解析の脆弱性により、特権が昇格される」の公開を受けたもの。

Microsoft Windowsのカーネルには、TrueTypeフォントの処理を含む画像処理用のドライバ(W32.sys)が含まれている。このドライバには、文書やWebページなどに埋め込まれたTrueTypeフォントの処理に脆弱性(CVE-2011-3402)が存在する。この脆弱性が悪用されると、細工されたTrueTypeフォントが埋め込まれた文書やWebページなどを開くことで、カーネルモードで任意のコードを実行される可能性がある。なお、マイクロソフトによると、本脆弱性を悪用した攻撃が確認されている。現時点で対策方法は公開されておらず、JVNでは対策が提供されるまでの間、T2EMBED.dll へのアクセスを制限することで本脆弱性の影響を軽減できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

    マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

  2. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  3. ウクライナと東京を繋げた瞬間 ~ 日本プルーフポイント 増田幸美がこだわるプレゼンテーションスライドの一枚目

    ウクライナと東京を繋げた瞬間 ~ 日本プルーフポイント 増田幸美がこだわるプレゼンテーションスライドの一枚目

  4. スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

  5. オンラインカジノへ誘導「ライトアッププロムナード・なら」無断模倣サイトに注意呼びかけ

  6. サイボウズ Garoon に XSS の脆弱性

  7. Windows 版 GlobalProtect App における権限昇格につながる任意のファイル削除の脆弱性(Scan Tech Report)

  8. セキュリティホール情報<2003/05/06-1>

  9. 「非常に激しい雨」「猛烈な雨」とは、雨の強さと降り方の基準について解説

  10. PHPの脆弱性(CVE-2024-4577)を狙う攻撃に注意を呼びかけ

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×