エージェントレスでサーバの不正変更を検知するソリューションの新版 (トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

エージェントレスでサーバの不正変更を検知するソリューションの新版 (トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は11月7日、総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security 8.0(TMDS)」を12月19日より受注開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社は11月7日、総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security 8.0(TMDS)」を12月19日より受注開始すると発表した。

TMDSは、サーバのセキュリティに求められる多様な機能(脆弱性対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視、ウイルス対策)を実装し、エージェントとバーチャルアプライアンスによって物理サーバ、仮想サーバ、クラウド環境に適切なセキュリティ対策を施す総合サーバセキュリティソリューション。

新バージョンでは、バーチャルアプライアンスにヴイエムウェアのAPI「VMware vShield Endpoint」を利用した業界初のエージェントレスでの不正変更検知を実装した。クラウド事業者とユーザ企業など仮想インフラの運用者と仮想サーバの利用者が異なる環境において、すべての仮想サーバにエージェントを導入しない場合でも、バーチャルアプライアンスによりサーバ上の不正変更を検知しセキュリティを確保できる。また、同社独自のクラウド技術「Trend Micro Smart Protection Network」を利用した機能を新たに搭載し、総合的な防御力を強化した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×