ZABBIX の acknow.php におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

ZABBIX の acknow.php におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(Scan Tech Report)

1.概要 ZABBIX の障害対応のコメントページに、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が報告されました。 リモートの第三者に利用された場合、ZABBIX にアクセスするユーザのブラウザ上で不正なスクリプトが実行される可能性があります。 さらなる攻撃に悪用される可能性

脆弱性と脅威 エクスプロイト
1.概要
ZABBIX の障害対応のコメントページに、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が報告されました。
リモートの第三者に利用された場合、ZABBIX にアクセスするユーザのブラウザ上で不正なスクリプトが実行される可能性があります。
さらなる攻撃に悪用される可能性があるため、対象のユーザは可能な限り以下の対策を実施することを推奨します。


2.深刻度(CVSS)
4.3
http://nvd.nist.gov/cvss.cfm?version=2&name=CVE-2011-2904&vector=%28AV%3AN/AC%3AM/Au%3AN/C%3AN/I%3AP/A%3AN%29


3.影響を受けるソフトウェア
ZABBIX 1.8.5 以前

※影響を受けるバージョンの ZABBIX が含まれる、Linux ディストリビューションにおいても、この脆弱性の影響を受ける可能性があります。


4.解説
ZABBIX は、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するためのオープンソースの統合監視ソフトウェアであり、統合監視に必要な監視、障害、検知、通知機能を備えています。

ZABBIX の障害対応のコメントページである acknow.php には、backurl パラメータの入力値チェックに不備が存在するため、当該パラメータに入力された文字列が適切にエスケープ処理されずに出力されてしまう問題が存在します。
このため、backurl パラメータにスクリプトを実行する不正な文字列を指定することで、クロスサイトスクリプティング攻撃が可能な脆弱性が存在します。

この脆弱性を利用することでリモートの攻撃者は、ZABBIX にアクセスするユーザのブラウザ上で任意のスクリプトが実行可能となります。


5.対策
(Web非公開)

6.ソースコード
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック コンピュータセキュリティ研究所

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×