Windows XPに不正なTCPパケットによりDoS状態が発生する脆弱性(HIRT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

Windows XPに不正なTCPパケットによりDoS状態が発生する脆弱性(HIRT)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日立製作所ソフトウェア事業部は8月30日、同社のセキュリティ情報サイト「HIRT」において「HIRT-PUB11004:Windows XPにおけるサービス運用妨害(DoS)の脆弱性」を公開した。Windows XPには、コンピュータ間のTCP通信のパケット処理に問題があり、DoSの脆弱性が存在する。これはHIRTが2009年9月21日に確認したもので、マイクロソフトと調整を続けJVNに報告した。

この問題が悪用されると、不正なTCPパケットを受信した場合にパケットのフラッディングが発生し、ネットワークに負荷を与える可能性がある。ただし、DoS状態は自律的に収束する場合もある。HIRTでは、Windows XPのファイアウォール、またはネットワークファイアウォールを使用して、影響を受けるポートへのアクセスを制限することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能としている。
(吉澤亨史)

http://www.hitachi.co.jp/hirt/publications/hirt-pub11004/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×