国内企業の7割がウイルス対策を導入済み、内部統制対策は検討中が多い(IDC Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

国内企業の7割がウイルス対策を導入済み、内部統制対策は検討中が多い(IDC Japan)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

IDC Japan株式会社は8月16日、国内企業の情報セキュリティ対策実態調査の結果を発表した。本調査は2011年4月に国内企業820社を対象に実施されたもの。調査結果によると、懸念している情報セキュリティでの脅威について、7割以上の企業がウイルスやスパイウェアなどのマルウェアを脅威と感じているとの結果が得られた。また、今後普及が拡大するとみられるスマートフォンなどのモバイル機器やクラウドサービス利用で脅威を感じる企業は2割から3割で、現時点では他の脅威と比べ脅威度は低い結果となっている。

また、情報セキュリティ対策の導入率はウイルス対策が7割以上、ファイアウォール/VPNと不正メール対策、Webセキュリティ、IDS/IPSが5割以上と外部からの脅威対策の導入が進んでいることが明らかになった。情報漏えい対策やアイデンティティアクセス管理といった内部統制対策は導入率は4割程度と低いが、導入検討中の比率は他のソリューションと遜色はなく、導入が拡がるとIDCではみている。
(吉澤亨史)

http://www.idcjapan.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×