職員のPCのウイルス感染で、886名分の個人情報流出の可能性(国土交通省四国地方整備局) | ScanNetSecurity
2020.05.31(日)

職員のPCのウイルス感染で、886名分の個人情報流出の可能性(国土交通省四国地方整備局)

国土交通省四国地方整備局は8月5日、同局職員のPCがウイルスに感染し、合計886名分情報が流出した可能性があると発表した。8月4日時点で流出したおそれのある個人情報は、他機関および自治体関係者275名、学識者27名、工事関係者117名の氏名、所属、電話番号、メールアド

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国土交通省四国地方整備局は8月5日、同局職員のPCがウイルスに感染し、合計886名分情報が流出した可能性があると発表した。8月4日時点で流出したおそれのある個人情報は、他機関および自治体関係者275名、学識者27名、工事関係者117名の氏名、所属、電話番号、メールアドレス、また地元ボランティア関係者467名の団体名および氏名となっている。現時点で外部に情報が流出したとの事実は確認しておらす、同局では引き続き調査を進めるとしている。
(吉澤亨史)

http://www.skr.mlit.go.jp/pres/h23backnum/kikaku/110805/110805-1.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×