セキュリティ情報の事前通知、8月は「緊急」2件を含む13件(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2020.05.28(木)

セキュリティ情報の事前通知、8月は「緊急」2件を含む13件(マイクロソフト)

マイクロソフト株式会社は8月5日、2011年8月度のセキュリティ情報の事前通知を発表した。発表によると、セキュリティ情報の公開は8月10日で、13件のパッチ公開を予定している。内容は、最大深刻度「緊急」のもの2件と「重要」のもの9件、「警告」のもの2件。「緊急」の2

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
マイクロソフト株式会社は8月5日、2011年8月度のセキュリティ情報の事前通知を発表した。発表によると、セキュリティ情報の公開は8月10日で、13件のパッチ公開を予定している。内容は、最大深刻度「緊急」のもの2件と「重要」のもの9件、「警告」のもの2件。「緊急」の2件はMicrosoft WindowsあるいはInternet Explorerが影響を受けるもので、リモートからコードを実行される脆弱性となっている。

「重要」はMicrosoft Windowsが影響を受けるもの6件とMicrosoft Officeが影響を受けるもの1件、Microsoft開発ツールなどが影響を受けるもの2件となっており、リモートコード実行や特権の昇格、DoS、情報漏えいといった脆弱性となっている。これらの適用時には、ほとんどの場合再起動が必要となる。なお、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」も更新される予定だ。
(吉澤亨史)

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms11-aug.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×