海外グループ会社向けにWebサイトの主要な脆弱性を検査するサービス(KCCS) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

海外グループ会社向けにWebサイトの主要な脆弱性を検査するサービス(KCCS)

京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は8月4日、海外グループ会社向けにWebサイトの主要な脆弱性を検査する「グローバルWeb健康診断」を同日より提供開始したと発表した。価格は1サイトの単価が262,500円。5サイトのセット価格も用意される。本サービスは、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は8月4日、海外グループ会社向けにWebサイトの主要な脆弱性を検査する「グローバルWeb健康診断」を同日より提供開始したと発表した。価格は1サイトの単価が262,500円。5サイトのセット価格も用意される。本サービスは、日本からインターネット経由で海外グループ会社のWebサイトに対してWebアプリケーション診断を行うと同時に、ポートスキャンなどのネットワーク診断も実施するというもの。

申し込み後、原則4営業日以内に報告書を提供し、発見された脆弱性への対策指針も記載しているため、現状のセキュリティレベルを把握し、対策を講じることができる。また診断報告書は日本語、英語、中国語で提供するため、海外を含めたグループ企業全体でのセキュリティポリシー統一に活用できる。さらに、海外グループ会社が現地のシステムベンダへWebサイトの脆弱性診断を委託している場合に、そのベンダから提供された検査項目や報告書をもとに、診断レベルの評価を行う。
(吉澤亨史)

http://www.kccs.co.jp/press/release/110804.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×