東日本大震災の便乗で標的型メール攻撃の種類が約2.5倍に増加(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

東日本大震災の便乗で標的型メール攻撃の種類が約2.5倍に増加(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は8月3日、IBMセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)において観測した2011年上半期(1月から6月)のインターネット・セキュリティ関連情報に基づき、主として日本国内の企業環境に影響を与える脅威の動向を東京SOCが独自に分析しまとめた「2011年上半期 東京SOC情報分析レポート」を発表した。

レポートでは2011年上半期の主な動向として、東日本大震災に便乗した標的型メール攻撃の登場で、東京SOCで確認した標的型メール攻撃の種類は2010年下半期(7月から12月)に比べて約2.5倍増加したことを挙げている。また標的型メール攻撃は、自然な日本語の文章や、国内のアドレスを発信元とするなど、その内容も洗練されてきている。ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃の攻撃検知数は、2010年から横ばいで減少する傾向は見られず、引き続き継続している。さらに、クラウドサービスを悪用した攻撃も今期の合計で約2,300件と多数観測したことを挙げている。
(吉澤亨史)

http://www-06.ibm.com/jp/press/2011/08/0301.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×