脆弱性関連情報、WebアプリとWebブラウザが約半数--IPA四半期レポート(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

脆弱性関連情報、WebアプリとWebブラウザが約半数--IPA四半期レポート(IPA/ISEC)

脆弱性と脅威 脅威動向

独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は7月26日、2011年第2四半期におけるソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況を発表した。これによると、同四半期のIPAへの脆弱性関連情報の届出件数は、ソフトウェア製品に関するもの44件、Webアプリケーション(Webサイト)に関するもの39件の合計83件であった。届出受付開始(2004年7月8日)からの累計は、ソフトウェア製品に関するもの1,207件、Webサイトに関するもの5,444件の合計6,651件となっており、Webサイトに関する届出が全体の82%を占めている。

ソフトウェア製品の脆弱性関連情報の届出の取扱い状況は、前四半期の取扱い中件数429件から、今四半期で37件が取扱い終了となった一方、新たに44件が取扱い中となり、合計で436件が取扱い中となっている。ソフトウェア製品の種類は「Webアプリケーションソフト」が最も多く、次いで「ウェブブラウザ」となった。脆弱性がもたらす脅威は、「任意のスクリプトの実行」が最も多く、次いで「情報の漏えい」となっている。一般利用者の多くが利用しているソフトウェア製品である「Webアプリケーションソフト」「Webブラウザ」の届出が約半数(55%)を占めている。
(吉澤亨史)

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/report/vuln2011q2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×