工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第24回「記憶改竄」 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン2「V-CRY」 第24回「記憶改竄」

※本稿はフィクションです。実在の団体・人物・事件とは関係がありません※

特集
>>第 1 回から読む

「その前にいくつか訊きたいんだが…」

オレは、相手の顔を見ないように視線をそらしながら尋ねた。好青年風の顔が、気にくわない。見たくねえ。

「どうぞどうぞ」

どうぞは、ひとつで充分だ。

「なんで、こんなことしたんだ?」

「次の事業資金を迅速に入手するためです。僕は、合法か違法かは、あまり意識しません」

「あんたみたいなヤツが中山と組むはずはないよな。うまくだまして、ゲーム内通貨を売らせたのか? そこがよくわからないんだ。中山が持ち逃げする可能性もあるし、あいつが後で犯罪のことをばらすと脅してくる可能性もある。頭も悪いし、とにかく組む相手としては最低なはずだ」

「僕は、工藤さんを買いかぶっていたようです。今おっしゃられたことは、見せかけの情報を、そのままなぞっただけです。僕は、中山と組んでいません。金に困っていた彼に、ゲーム内通貨を貸し、彼がそれを売って借金を返してから、犯罪で入手したものだと教えました。もちろん、匿名でね」

「言ってることがわからない。ゲーム内通貨を売らせれば、犯人を捜してるヤツは中山を疑う。オレみたいにな。それはわかる。しかし、中山にどういう方法でゲーム内通貨を入手したかなんてことまで説明する必要はないだろ」

《ScanNetSecurity》

特集

特集 アクセスランキング

  1. 今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

    今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

  2. メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

    メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

  3. 日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウ

    日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウ

  4. 神奈川県警現役サイバー犯罪捜査官へ5つの質問

  5. 今日もどこかで情報漏えい 第24回「2024年4月の情報漏えい」虎屋? ヨックモック? 千疋屋? ~「手土産」は個人情報

  6. Non State Actor 図鑑(6)ニセ情報拡散に貢献「ファクトチェック機関」

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×